HEIGO 〜GOOD LIFE GOOD ART〜 (ENGLISH)

[ NEW ]2012.2.11
佐藤丙午がプロデュースした、真名鶴酒造「酒蔵秘蔵特別限定大吟醸」が2月20日より限定発売されます。
———————————————
2012.1.6
2012年1月8日(日)23:15〜23:45 NHK BSプレミアム「写ねーる」にて、JAPANAIL ART TIPS「夢一夜」と女性蒔絵師による製作風景が紹介されます。
———————————————
2011.11.10
HEIGO TELEGRAM WINE GLASSが第13回 福岡産業デザイン賞 特別部門賞を受賞しました。
———————————————
2011.04.14
朝日新聞出版より発売中の、山口智子「掛けたくなる軸」にて、
「漆の爪」でJAPANAIL、「漆のワイングラス」で TELEGRAM WINE GLASSが紹介されています。
2011.04.13
雑誌「和楽」5月号 「漆のちから、いつまでも」にて、「漆、新たな挑戦」というタイトルで、
TELEGRAM WINE GLASSJAPANAILが紹介されました。
———————————————
2011.02.01
東京都中央区日本橋の6ツ星 ラグジュアリーホテル マンダリン オリエンタル 東京 3F ビジネスセンターにて、
TELEGRAM WINE GLASSの展示及び販売を開始しました。
———————————————
2011.01.18
本日、79.5 FM NACK5 NACK ON TOWNにて、JAPANAILが紹介されました。
———————————————
2011.01.07
2011年の成人式やバレンタインデー、卒業式に、着物やドレスに合わせて、
上質な大人のネイルアート、JAPANAILをお楽しみください。
ご購入はこちらへSHOPPING
———————————————
2010.08.27
フランス パリにて9月15日から19日の5日間開催されるビューティ・イベント RIVES DE LA BEAUTE に参加します。
http://www.rivesdelabeaute.com/
資料PDF(5.9MB):http://www.rivesdelabeaute.com/medias/2010-RivesDeLaBeaute.pdf
———————————————
2010.07.27
東京都渋谷区神宮前の フリウにて
JAPANAILTELEGRAM JEWELRYの販売を開始しました。原宿近辺においでの際はに是非お立ち寄りください。
———————————————
2010.04.16
14日午後から16日朝にかけて本サイトが表示できない状態となっておりました。
ご迷惑をおけしましたことをお詫び申し上げます。
———————————————
2010.04.04
本日、81.3 FM J-WAVE ASIENCE SPIRIT OF ASIAにて、
JAPANAIL が紹介されました。
———————————————
2010.01.28
本日、81.3 FM J-WAVE TOKYO MORNING RADIO「MONO LOG」にて、
JAPANAILTELEGRAM WINE GLASSが紹介されました。
———————————————
2010.01.16
1月16日より3月20日まで大阪大学 総合学術博物館にて開催されている、
第10回企画展「漆の再発見(日本近代化学の芽生え)」−入場無料に、
JAPANAILTEREGRAM JEWELRYTELEGRAM WINE GLASSが展示・販売されます(ただ しジュエリーは展示のみ)。
関西地区でHEIGO製品をご覧いただく初めての機会ですので、是非お出かけください。
———————————————
2010.01.08
NHK総合テレビ(BS-2/BS-hi) NHKニュース おはよう日本
まちかど情報室」にて、JAPANAIL が紹介されました。
———————————————
2009.12.06
雑誌「AERA」12月14日(月)発売号 山口智子「掛けたくなる軸」にて、
「漆のワイングラス」というタイトルでTELEGRAM WINE GLASSが紹介されます。
———————————————
2009.09.25
成田空港第1ターミナル北ウィング5階 ジカバー・ニッポン・プラス・チャシンにて
JAPANAILの販売を開始しました。海外の大切な方への贈り物に是非ご利用ください。
———————————————
2009.09.19
2009年9月19日(土)から9月23日(水・祝)の5日間、
ウェスティンホテル東京にて行われるチャリティーアートイベント
「花伝〜HANA-TSUTAEのアート・プレゼンテーション」
テレグラム ワイングラスが使われます。是非お出かけください。 
———————————————
2009.08.26
青山ツインタワー東館 1階「リーデル・ワインブティック・青山」にて
TELEGRAM WINEGLASSを展示しております。
お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。
———————————————
2009.08.17
HEIGO製品をご購入いただけるHEIGOショッピングサイトがオープンいたしました。
———————————————
2009.07.18
雑誌「AERA」7月27日号P.92 山口智子「掛けたくなる軸」にて、
「漆の爪」というタイトルで JAPANAIL が紹介されました。
———————————————
2009.07.11
新製品「JAPANAIL ARTTIPS」、「TELEGRAM WINE GLASS」を本日発売いたしました。
取扱店舗などの詳細に関しましてはShop Listをご覧ください。
———————————————
2009.06.23
新製品「JAPANAIL ARTTIPS」、「TELEGRAM WINE GLASS」の発売が2009年7月11日(土)に決定しました。
>> 6.23新製品発売案内(pdf)
———————————————
2009.01.13
世界文化社「きものサロン」08-09冬号 KIMONOSALON INFORMATION、
幻冬社「GOETHE(デーテ)」2月号 Inspiration with auにてJAPANAILが紹介されました。
———————————————
2008.11.19
JAPANAILを、原材料高騰その他諸事情によりに販売価格を2008年11月24日から変更させて頂くこととなりました。
>> 価格変更のお知らせ(pdf)
———————————————

Japanail Telegram リンク先

2008.10.28
ネイルチップ「アートシリーズ」を発表しました。
>> プレスリリース(pdf) >>関連画像
TELEGRAM「HEIGO ワイングラス」を発表しました。
>> プレスリリース(pdf)  >>関連画像
———————————————
【ご報道の皆様へ】
「HEIGO製品ご報道についてのお願い」を掲載いたしました>>詳細
———————————————
2008年10月30日(木)~11月3日(月・祝)に神宮外苑にて行われるコンテンポラリーなインテリアデザインの国際見本市「100%design tokyo」にHEIGOは出展します。新作のJAPANAILアートチップや新製品となるテーブルウェアの展示を予定しています。
———————————————
2008.9.1
9/3(水)~9/9(火)東京有楽町阪急1階にて催されるイベント「JAPAN BEAUTY」に出店いたします。
期間中は、JAPANAILの試着やネイリストによるアートチップのオーダー販売(9/6(土)、9/7(日)のみ)を行います。
———————————————
2008.5.20
5/24(土)25(日)六本木泉ガーデンギャラリーにて催されるインナービューティーソリューション2008」へ出展いたします。
———————————————
2008.5.7
数量限定ネイルチップ「ゆかたネイル」を発表しました。 >>プレスリリース(pdf)
>>関連画像
———————————————
2008.4.24
4/25(金)~4/29(火)までの5日間開催されるデザイニング(地図上16番)にて、JAPANAIL・TELEGRAMがそれぞれ展示されます。
———————————————
2008.4.15
4/15(火)~4/20(日)まで、南青山OVEにてJAPANAIL・TELEGRAMが展示販売されます。
———————————————
2008.4.3
サイドメニューにShoppingを追加いたしました。
HEIGOサイト上よりJAPANAIL全色をお買い求めいただけます。 ———————————————
2008.4.3
AllAboutカラーコーディネート「ネイルから始める春色カラーコーディネート」にてJAPANAILが紹介されています。
>>AllAbout「ネイルから始める春色カラーコーディネート」
———————————————
2008.2.27
3月3日~3月30日まで有楽町マルイ1Fカレンダリウムにて「THE COVER +」(ジカバー・プラス)が催されます。 JAPANAILが注目商品として取り扱われました。>>THE COVER +(pdf)
———————————————
2008.2.22
2月25日放送のTBCラジオ「YAGIYAMA発 ラジオな気分」番組内コーナー「おもしろお役立ちGOODS」にてTELEGRAMとJAPANAILが紹介されました。
———————————————
2008.2.22
2月22日放送のABCテレビ「おはようコールABC」にてJAPANAILが紹介されました。
———————————————
2007.2.17
2月17日放送のKBS京都ラジオ「われら夢の途中」内コーナー「夢への座標」にてJAPANAILが紹介されました。
———————————————
2008.02.07
JAPANAIL,TELEGRAMを2008年2月7日に発売いたしました。
取扱店舗などの詳細に関しましてはShop Listをご覧ください。>>Shop List
———————————————
2008.01.25
1月24日付けの読売新聞朝刊「くらし・家庭欄」にて、JAPANAILが紹介されました。
———————————————
2007.11.28
11月28日付けの週間デパートニューズ「雑貨コーナー」にて、JAPANAILが紹介されました。

JAPAN 100 COLORS

ずっと昔から私たちのそばにあった、日本古来の伝統色。
ナチュラルで、ほっとする、けれどどこか新しい。
そんなHEIGOの100色を選び抜きました。

*上記の100色は、HEIGOの全アイテムに展開予定のベーシックカラーであり、実際の商品の色そのものではありません。商品の素材や染料、顔料の性質により発色や色目が異なる点はご承知おきください。

HEIGO 24 CORLORS

ハイゴは世界で初めて日本の伝統色100色の漆を開発しました。その中から24色をセレクトし、3つの製品に使用しています。色漆というと朱や黒が一般的ですが、その漆のイメージを一新するカラフルなカラーバリエーションは漆の持つ色の深さとしっとりとした艶といった美しさを、生活の様々なシーンで感じて楽しむことが出来ます。春は桜色(さくらいろ)や鶯茶(うぐいすちゃ)、夏は紅(くれない)に杜若色(かきつばたいろ)、秋には照柿(てりがき)や浅縹(あさはなだ)、冬には千歳緑(ちとせみどり)と名前の由来や季節、色の生まれた時代など24色それぞれが持つストーリーを楽しみながら、お好みの色をお選びください。

臙脂色(えんじいろ)

時代:奈良時代/季節:初夏/使用製品:JAPANAILWINE GLASSJEWELRY

「人しれず思えばくるし紅の すえつむ花の色にいでなん」(古今和歌集)。古#colorsamo来から日本人は赤の色に思いを託してきました。赤の中でも濃厚な色調が臙脂色で、別名「艶紅」とも呼ばれています。中国北西部甘粛省(かんしゅくしょう)にある、紅花の一大産地「燕支山」にちなんでいます。また、動物性色料「正臙脂」にも由来するとされます。濃い赤になればなるほど、大量の紅花を必要としました。ドキッとするような深みは、大人の赤。

紅(くれない)

時代:奈良時代/季節:初夏/使用製品:JAPANAIL, JEWELRY

「濃き赤きなど、さまざまに選らせたまひつつ…」(『源氏物語』玉鬘)。紅花染は平安時代以降、長く女性たちの憧れでした。もともとの紅花は黄と赤両方の色素を持つ花。初夏の早朝、露を含んで柔らかなうちに花びらだけを摘み、水に浸け、溶解しやすい黄だけを抜きます。そしてアルカリ性の溶液に浸け、輝くような紅色を引き出す……。高価で、しかも大変な手間がかかる紅は、禁色(きんじき)として高位の人だけに許されていました。

牡丹色(ぼたんいろ)

時代:平安時代/季節:春~夏/使用製品:JAPANAILJEWELRY

「立てば芍薬、座れば牡丹……」女性の美しい姿に例えられる牡丹。奈良時代に渡来し「富貴草」と呼ばれて薬草として栽培されました。やがて、姿形の美しさは世の人の心をとらえ、平安時代には「ほうたん」の名で愛でられました。そして、明治時代。牡丹色が爆発的に流行したと言われます。折しも、洋が急速に入ってきた時期。絵画で「牡丹孔雀図」など高貴なイメージを持つ色合いは、当時のおしゃれな女性たちに支持されました。

一斤染め(いっこんぞめ)

時代:平安時代/季節:通年/使用製品:JAPANAIL

平安の頃、紅花染は大変高価なもので、禁色とされ、高貴な人にだけ許されていました。しかし、紅色への憧れは断ちがたく、聴色(ゆるしいろ)として示されたのが一斤染めでした。紅花一斤で絹一疋(いっぴき)を染めるのならと許可されたのです。一疋とはきものと羽織が縫える量。どれほどの淡さかが分かります。憧れの色を許された量だけ楽しんだ時代。色に秘めた情熱を知るとともに、色を自在に楽しむことのできる幸せに気付かされます。

照柿(てりがき)

時代:江戸時代/季節:秋/使用製品:JAPANAIL

柿の字がつく色の、そのエッセンスは実は梅の木。江戸時代中期。梅の木の樹皮を煎じた汁を染料とし、草木灰からつくった灰汁で媒染して、梅染め黄赤色が誕生しました。熟して今にも落ちそうな柿の実のような色ということから、この名前がつけられました。現在の「柿色」は、もともとこの「照柿」を指しています。日本のほとんどの地方で栽培されるという柿。秋の陽に照り映えてぽってりと艶やかな色は、鮮やかな郷愁を呼び起こすのです。

緋色(ひいろ)

時代:古墳時代(大和朝廷期)/季節:通年/使用製品:JAPANAIL

緋色の「緋」は、「想ひ」の「ひ」。人想う、燃えるような心の色です。蔓草の茜から、このきれいな緋を取り出すには、粥状に煮た白米に赤い根を浸し、水洗いし、酢水で煮出して色素を出していきます。布は布で、あらかじめ媒染してある布を染めなくてはならず、実にいくつもの複雑な工程を要しました。自然の色をまといたいからこそ惜しまない手間ひま、そして情熱。緋の色が、大変高貴な色として珍重されていたのもうなずけます。

桜色(さくらいろ)

時代:平安時代/季節:春/使用製品:JAPANAIL

「桜の細長に、御髪は左右よりこぼれかかりて、柳の糸のさましたり」(『源氏物語』若菜下)。桜色は、紅染の中で最も淡い色です。ほんのり優しい色合いを使った表現は、文学でも数多く登場します。春を待ちこがれて、ようやく出会える日本の色。咲いたとたん、どうかまだ散らずにと願わせる、これほどに日本人を魅了する花があるでしょうか。淡さゆえに、切なさが募り、時が惜しまれる……。四季が育む、情感の豊かさを見る思いです。

丁子色(ちょうじいろ)

時代:主に平安時代から/季節:通年/使用製品:JAPANAIL

「丁子染の、こがるるまで染める」染めては重ね、染めては重ね……と『源氏物語』には色と香りを楽しんだ様子がうかがえます。丁子はフトモモ科の常緑樹。つぼみが「丁」の字に似ていることから名づけられました。丁子で染めたものは、えも言われぬ芳香が残ることから「香染」という雅びな名で、王朝人たちに愛されていました。想い人に歌を詠み贈る時、扇に使う和紙なども染めたとか。知性とともに香る恋心をシックな色調に託してみては。

灰汁色(あくいろ)

時代:江戸時代/季節:通年/使用製品:JAPANAILJEWELRY

江戸っ子好みの、渋い色。灰汁とは、黒灰を水に浸して沈殿させ、それをろ過して出来た上澄みのことです。布や糸の精錬・漂白、染色の媒染としてもなくてはならないものでした。また、江戸時代には灰が広く使われており、灰のリサイクル専門業者も成り立つほどだったそう。 まさに江戸の日常的な色だったのです。枯れて落ち着いた色合いは今でも、きものを着慣れた上級のおしゃれを楽しむ人たちにとっては欠かせない色といえるでしょう。

小麦色(こむぎいろ)

時代:明治時代/季節:夏/使用製品:JAPANAIL

小麦そのものは、弥生時代には中国から渡来していたようですが、小麦からとられた色名は長い間ありませんでした。しかし、明治時代の文明開花により、海外の文化が入ってくると、日本人は肌色の表現にこだわりを見せるようになります。小麦の籾の色を、日焼けした健康的な肌色の名前にしたのも、日本人のアイデンティティの証なのかもしれませんね。陽ざしを連想させる、健康的で行動的な色には、前向きなエナジーがあふれています。

山吹色(やまぶきいろ)

時代:平安時代/季節:春/使用製品:JAPANAILJEWELRY

春の桜の見頃が過ぎた後、黄色い小さな花を咲かせるのがバラ科の山吹です。冴えた赤味の黄色は「黄金色」とも。貴族たちには使われる機会が少なかったせいか、黄色系の色名は伝統色には少ないようです。その中でも、山吹色は平安貴族たちが、好んで使った色でした。無彩色の季節の間、待ちこがれてようやく訪れた春。可憐ながらもはっきりと主張する山吹色が、当時の人々の目にどんなにか鮮やかに映ったことでしょう。

白緑(びゃくろく)

時代:飛鳥時代/季節:通年/使用製品:JAPANAILJEWELRY

日本画の絵の具の色から名付けられた白緑。仏画や仏像に使われているのをよく見かけます。大陸文化が流れ込んだ時代のエキゾチシズムとともに、気高さを感じさせる色です。銅を酸化させた緑青色の粒子を微細な粉末にしてつくることも、また、孔雀石(別名マラカイト)から採ることもできます。孔雀石を砕いて細かくしたものを水の中に入れて混ぜると、比重の軽い白緑が浮かんできます。透明感ある清涼な水のような明るい色合いです。

若竹色(わかたけいろ)

時代:明治時代/季節:初夏/使用製品:JAPANAIL

松竹梅と、めでたきものの一つに数えられる「竹」。成長が早く、入手しやすく、削る、曲げるなどが簡単なため、日用品に工芸品にとさまざまな形で愛されてきました。しかし青竹色の名が江戸時代からあったのに対し、若竹色の名が見られるのは明治・大正になってからのことだとされます。みずみずしい若竹が天を目指し真直ぐに伸びていく。その清新さを象徴した、実物の若竹よりも明るい緑が、近代の日本人に好まれたという証でしょう。

千歳緑(ちとせみどり)

時代:不明/季節:正月~春/使用製品:JAPANAILJEWELRY

永久に、千歳に、ずっと変わらずに。常緑の松は不老長寿を意味し、おめでたいものとして古来より重宝されてきました。もの皆移りゆく世にあって、いつの季節も、いつの時代も変わらず豊かな緑を持ち続ける常盤(ときわ)の樹。島崎藤村は『常盤樹』と題する詩のなかで次のように詠んでいます。「汝千歳(いましちとせ)の時に嘯(うそぶ)き独りし立つは何の力ぞ」と。変わらぬ緑の豊かさと成熟が際立つ、孤高の色と言えるでしょう。

鶯茶(うぐいすちゃ)

時代:江戸時代/季節:春/使用製品:JAPANAIL

茶色がかった緑褐色。春を告げる鶯の羽に、茶が入ったような渋みのある色を指します。江戸時代に広く知られた色名で、近松門左衛門の浄瑠璃にも木綿の綿入れの色として出てきます。江戸時代に贅沢が禁止され、衣類の色を抑えるようになったことから、普段着の色として大流行しました。茶はそれまで僧侶や公家など一部の人々の飲み物でしたが、次第に庶民も茶をたしなむようになり、この時代、茶のつく色名が他にもたくさんつくられました。

浅縹(あさはなだ)

時代:飛鳥時代前後/季節:秋/使用製品:JAPANAILJEWELRY

花色、縹色、露草色、千草、月草。いずれも同じ由来を持つもので、露草の花びらで染めた色を指します。縹色は浅縹の他にも深縹色や中縹色、次縹色などがあり、古くは階級を表すためにも使われました。水にあえば消えてしまう退色性から、平安時代になると、染料として用いられることはほとんどなくなります。逆にその特性を利用して、下絵を書く青として残されたのでした。朝咲き、昼にしぼむ露草の色。はかなさの象徴でもあります。

紺碧(こんぺき)

時代:不明/季節:通年/使用製品:JAPANAIL

空の形容に使われることが多い紺碧。辞書には黒みを帯びた紺色の記載があります。しかし、碧はミドリとも読み、碧石の青緑に由来し、鮮明な緑色の青を言います。碧玉、碧海……みな、青みの緑です。一見、自然界にはあまり見られないと思われがちですが、ひとたび空から海を眺めればやはり自然はこのような鮮やかな表情を持っているもの。光や大気を通して見る湖や海は、いつまでも見ていたい美しさ。きりりと一服の清涼剤のようです。

紺色(こんいろ)

時代:古墳時代(大和朝廷期)/季節:通年/使用製品:JAPANAIL

古くは七色十三階の冠位の制で5番目の青冠として紺色は用いられていました。当時は「ふかきはなだ」と呼ばれていたようです。さまざまな時代で紅や紫の濃い色は禁色とされていましたが、藍染だけは濃く染めても禁止されませんでした。特に桃山時代以降になると木綿が普及し、藍染めが更に盛んになります。江戸時代には仕事着として紺色の法被が流行しました。現代でもお祭りの半被や仕事着などに紺色が多いのは、この頃の名残です。

杜若色(かきつばたいろ)

時代:平安時代/季節:初夏/使用製品:JAPANAILJEWELRY

新緑がまぶしい季節に美しいコントラストを見せる杜若の色。赤みのある紫色のこの花は、世阿弥の名作にも登場します。また『伊勢物語』では在原業平が「から衣 /きつつなれにし/つましあれば/はるばるきぬる/たびをしぞ思ふ」の歌に「かきつばた」の五文字をひそませるなど、文学の世界でも大変なじみの深い花です。すっくと伸びるりりしい緑の先からこぼれるのは、気高く美しい赤紫。粋を感じさせる、艶っぽい色です。

藤紫(ふじむらさき)

時代:明治時代/季節:初夏/使用製品:JAPANAIL

日本の名花、藤。香りたつような藤紫の雅やかさ。浮き世ばなれしたような美しい印象は、たくさんの物語を生み出してきました。『古事記』には、ある男が藤の蔓(かづら)で縫った衣と靴をまとって、恋しい女性を訪ねたところ。たちどろこに男の身体は藤の花に包まれ、その不思議さに女性は恋に落ち、結婚したという話があります。淡く優しい花ながらも、こぼれるほど見事に咲き誇れば、妖艶そのもの。藤紫が持つ色の魅力です。

京紫(きょうむらさき)

時代:江戸時代/季節:初夏/使用製品:JAPANAIL

「あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖降る」(額田王)。紫草が群生する野で袖を振る大胆な恋人への戸惑いと激情が詠まれた歌です。情熱の赤と、クールな青を合わせ持つ紫は、このように複雑で豊かな表情を持ち、古来から日本人の心に寄り添ってきました。また大変高貴な色でもありました。青みの強い紫を江戸紫と呼ぶのに対し、赤みの強い紫を京紫と呼びます。はんなりとした優しさと雅びやかさを持つ色は、京の表情そのもの。 元々、都のあった京の町は江戸の町と様々な面で、趣味や思考が対照的でした なので、紫色1つにも、好みの違いが現れていたと言えます。

桑の実色(くわのみいろ)

時代:不明/季節:初夏/使用製品:JAPANAIL

木苺に似た桑の実の、熟しきったような色から名づけられました。絹織物の国・日本では、古来より養蚕業が盛んで、昭和初頭まで桑の実は非常に身近なものでした。が、化学繊維の発達とともに、絹の生産量は減少していきます。同時に、桑の実と言われて即座に思い付く人も少なくなってきました。絹の国の装いを支えて来た養蚕、そして桑。次第に見かけにくくなっていますが、鮮やかな果実に由来する色名は大切に楽しんでいきたいものです。

褐色(かっしょく)

時代:鎌倉時代/季節:通年/使用製品:JAPANAIL

黒みを帯びた茶色を指します。深みのある落ち着いた褐色は、一見そつがなく、合わせやすい色ではあります。が 、この色を単なるベーシックカラーとしてではなく、おしゃれに使いこなせる人ほど、上級者と言えるかもしれません。古来褐色は勝色(かちいろ)とされ、武家社会では縁起をかつぎ、鎧などに盛んに用いられました。現代に生きる私たちにも、運を呼び込みたい大切な場面でアクセントとして使い、楽しんでみるのはいかがでしょう。

漆黒(しっこく)

時代:平安時代/季節:通年/使用製品:JAPANAILWINE GLASSJEWELRY

有彩色を混ぜ、重ねていくと、限り無く黒に近付いていきます。その意味でも、さまざまな色を内包し、無限の発展性と可能性を秘めた色といえるでしょう。中でも、漆黒は漆の光沢を表す滑らかな黒。工芸品から武具まで多様な場面で好まれてきました。ぽってりと量感のある艶めきの黒は、無彩色であるがゆえの華やぎを秘め、『陰影礼讃』のような、ほのかな灯りのもとで一層あでやかさを増し、日本人の美意識に語りかけてくれます。

Media メディア掲載情報

2011.04.14
朝日新聞出版より発売中の、山口智子「掛けたくなる軸」にて、「漆の爪」でJAPANAIL、「漆のワイングラス」でTELEGRAM WINE GLASSが紹介されています。

2011.04.13
雑誌「和楽」5月号 「漆のちから、いつまでも」にて、「漆、新たな挑戦」というタイトルで、TELEGRAM WINE GLASSJAPANAILが紹介されました。

2010.01.18
本日、79.5 FM NACK5 NACK ON TOWNにて、JAPANAILが紹介されました。

2010.04.04
本日、81.3 FM J-WAVE ASIENCE SPIRIT OF ASIAにて、 JAPANAILが紹介されました。

2010.01.28
本日、81.3 FM J-WAVE TOKYO MORNING RADIO「MONO LOG」にて、 JAPANAILTELEGRAM WINE GLASSが紹介されました。

2010.01.08
NHK総合テレビ(BS-2/BS-hi) NHKニュース おはよう日本 「まちかど情報室」にて、JAPANAILが紹介されました。

2009.12.06 
雑誌「AERA」12月14日(月)発売号 山口智子「掛けたくなる軸」にて、
「漆のワイングラス」というタイトルでTELEGRAM WINE GLASSが紹介されます。

2009.09.19
2009年9月19日(土)から9月23日(水・祝)の5日間、ウェスティンホテル東京にて行われるチャリティーアートイベント「花伝〜HANA-TSUTAEのアート・プレゼンテーション」にTELEGRAM WINE GLASSが使われます。是非お出かけください。

2009.07.18
雑誌「AERA」7月27日号P.92 山口智子「掛けたくなる軸」にて、「漆の爪」というタイトルで JAPANAIL が紹介されました。

2009.01.13
世界文化社「きものサロン」08-09冬号 KIMONOSALON INFORMATION、幻冬社「GOETHE(ゲーテ)」2月号 Inspiration with auにてJAPANAILが紹介されました。

2008.2.22
2月25日放送のTBCラジオ「YAGIYAMA発 ラジオな気分」番組内コーナー「おもしろお役立ちGOODS」にてTELEGRAMとJAPANAILが紹介されました。

2008.2.22
2月22日放送のABCテレビ「おはようコールABC」にてJAPANAILが紹介されました。

2008.2.17
2月17日放送のKBS京都ラジオ「われら夢の途中」内コーナー「夢への座標」にJAPANAILが紹介されました。

2008.01.25
1月24日付けの読売新聞朝刊「くらし・家庭欄」にて、JAPANAILが紹介されました。

2007.11.28
11月28日付けの週間デパートニューズ「雑貨コーナー」にて、JAPANAILが紹介されました。

FAQ よくあるご質問

以下はHEIGOについてよくあるご質問をまとめたものです。もし、あなたがお考えの疑問が以下で解決しない場合は、お電話またはお問い合わせフォームからお尋ねください。

■ブランドについてのお問い合わせ

Q1 HEIGOはどこの製品ですか。どういう意味ですか。
A1 HEIGO(ハイゴ)は有限会社ライフ・アートのオリジナルブランドで、日本製です。Human, Energy, Intelligence, Global, Originalityの頭文字であると同時に「HIGH&GO」(高みを目指し、前へ)の意味も秘めています。

■ご購入についてのお問い合わせ

Q1 製品はどこで買えますか。
A1 取り扱いのある実店舗は、Shop Listのページに記載しております。 ご遠方の方でも、弊社ショッピングサイトよりご購入いただけます。

Q2 WEBサイトでの購入の場合、料金の支払はどのような方法がありますか。
A2 WEBサイトよりご購入の場合、代金引換払(代引)、銀行振込のいずれかでお支払をお願い申し上げます。 口座番号などの情報に関しましては、ご注文をいただいた後、折り返しご連絡申し上げます。 

■ 製品についてのお問い合わせ

Q1 ジュエリーとネイルチップ、ワイングラスだけなのですか。
A1 HEIGOは、トータルなライフスタイルを提案するブランドです。今後新しい製品を開発・発売していく予定です。ご期待ください。

Q2 漆が使ってある製品はかぶれませんか。
A2 漆かぶれは、漆がきちんと乾く前に触ると起こることがあります。お届けする製品は、乾燥に十分な時間をかけておりますが、体調や体質など個人差もありますので、万一異常を感じた場合はご使用をお控えください。

Q3 TELEGRAMも漆塗の色を選べますか?
A3 TELEGRAMシリーズは当サイトで案内しているカラーのみの販売となっており、個別のオーダー生産の対応は現在行っておりません。

Q4 TELEGRAMの漆塗装が剥がれた場合はどうすればいいですか。
A4 TELEGRAMの漆部分やシルバー部分のロジウムの削れや剥離が発生した場合は、 有料にてリペアサービスをご用意しております。

Q5 JAPANAILは短い長さやオーバルデザインなど他の形はないのでしょうか。
A5 チップのデザインは1種類のみとなっていますが、チップは柔らかい素材で作られていますので、長さや爪先のカーブなどを自由にカットしてお使いいただけます。

■その他のお問い合わせ

Q1 お問い合わせフォームから問い合わせたのに返信がきません。
A1 申し訳ございません。当社定休日を除く24時間以内にご返信さしあげるよう、心がけております。 稀に、メールがエラーになったり、パソコンのフリーメールの振り分け等により正常に受信できない場合がございます。 また、携帯メールでは「パソコンからのメール受信拒否」の設定になっている場合もございます。 お手数ですがお客様のメール設定を見直していただきますようお願いいたします。 なお、3日以上経っても返信メールが届かない場合には、再度お問い合わせいただくか、 もしくはお電話にてお問い合わせください。
045-914-5950(平日:月~金、10:00~17:00)

Shop List ショップリスト

下記の店舗にて、HEIGO製品をお求めいただけます。
定休日や在庫、その他に関しましては直接店舗までお問い合わせ下さい。

■ ALEXCIOUS (アレクシャス)

URL: https://www.alexcious.com/ja/brands/detail40.html

【バイヤー様へ】

お取り扱いをご希望のバイヤー様につきましても、お問い合わせフォームもしくは、
電話(045-914-5950)よりお問い合わせください。

Service&Support サービスとサポート

HEIGOの願いは、お客様がお求めになった製品をなるべく永くお使いいただきたいということです。お客様がお使いになり、月日とともに思い出が重なっていくことで、製品の価値が深まっていくと考えています。

だからこそ、大事にして使われている製品が何らかの理由で壊れたり、不具合が生じたりした際、しっかりと修理をさせていただくことも私たちの役目です。

修理に際しては、お客様からご連絡をいただき、製品の状態と修理内容を確認してから、修理可能もしくは不可能、修理に要する期間と金額をお伝えいたします。状態によっては修理不可能なものもございますが、お客様からのご要望にできるだけお答えしたいと考えております。大事に愛用されてきた想いとともにぜひお気軽にご相談ください。

※JAPANAILに限っては、一度使用されますと必ずチップが変形するため、再塗装を含めて修理はできません。あらかじめご了承ください。

BANGLE

旋[sen]

杜若色
素材:シルバ-925 塗装:ロジウムメッキ、漆
付属品:本革ケース
124,000yen(税込)

凛[rin]


素材:シルバ-925 塗装:ロジウムメッキ、漆
付属品:本革ケース
115,000yen(税込)





環 [kan]

浅縹
素材:シルバ-925 塗装:ロジウムメッキ、漆
付属品:本革ケース
120,000yen(税込)

HEIGOの製品・サービスなどについて、ご不明の点はどのようなことでもお気軽にお問い合わせください。

NECKLACE

庭[tei]

白緑、漆黒
素材:シルバ-925 塗装:ロジウムメッキ、漆(一部乾漆仕上げ)
付属品:本革ケース
95,000yen(税込)

窓[sou]

(上から)灰汁色、杜若色、牡丹色
素材:シルバ-925 塗装:ロジウムメッキ、漆
付属品:本革ケース
108,000yen(税込)

格 [kou]

灰汁色、漆黒
素材:シルバ-925 塗装:ロジウムメッキ、漆(一部乾漆仕上げ)
付属品:本革ケース
104,000yen(税込)

HEIGOの製品・サービスなどについて、ご不明の点はどのようなことでもお気軽にお問い合わせください。


Guide 特長とお取扱に関するご注

Guide 特長とお取扱に関するご注意

【シルバー925について】

シルバー925とは、一般的にシルバーと呼ばれる製品では主流を占める素材で別名「STERLING SILVER」と呼ばれています。STERLINGには「価値ある」「本物の」という意味があります。

【お取り扱いについて】

  • お手入れは柔らかい布でお拭きください。研磨剤、シルバークリーナーなどの使用は避けてください。
  • 表面に傷がつくと、メッキや漆がはがれて変色する場合がありますのでご注意ください。
  • 皮膚に異常を感じた場合は直ちに使用を中止してください。
  • 長時間水に浸けることは、銀の酸化と漆の剥離を起こす原因となりますので避けてください。
  • 漆の色は紫外線の照射や時間の経過により、若干明るくなる場合があります。
  • 有料にて修理を受け付けておりますのでお申し付けください。

お問い合わせ電話場号 045-914-5950

RING

開[kai]

浅縹
素材:シルバ-925 塗装:ロジウムメッキ、漆
付属品:本革ケース
87,000yen(税込)




結[yui]

杜若色 
素材:シルバ-925 塗装:ロジウムメッキ、漆
付属品:本革ケース
85,000yen(税込)






連[ren]

(左上から)千歳緑、杜若色、漆黒、(右)臙脂色、山吹色
素材:シルバ-925 塗装:ロジウムメッキ、漆
付属品:本革ケース
3連:96,000yen(税込)/5連:135,000yen(税込)


HEIGOの製品・サービスなどについて、ご不明の点はどのようなことでもお気軽にお問い合わせください。

TELEGRAM JEWELRY

TELEGRAMが意味するのは「電報」です。18世紀、ナポレオン時代のヨーロッパで「腕木通信」と呼ばれる伝達手段がありました。3本の棒を組み合わせた「腕木」を手旗信号のように動かし、次の塔へ、また次の塔へ……原始的ながらも、短い文書なら数百km先まで伝えたとされる通信手段です。
私たちも、この思いを伝えたい。手から手へ、人から人へ。脈々と受け継がれてきた漆(Japan)の文化を、世界に未来に届けたいと考えました。

TELEGRAMの世界観は、小さな世界に秘めた日本の美。4cmにも満たない小宇宙は、飾りたてるためではなく、日常にとけこみ、自然と融合するための装飾です。「光と影」「静と動」をテーマに、格子や窓など日本建築や庭園の空間的要素を取り入れました。格子を透過する日差しの変化、自然を切り取る額縁となり得る窓、ゆるやかな波紋──建築も手掛けるデザイナー・高須学氏ならではの立体的な伝統美が表現されています。

連綿と受け継がれてきた日本の伝統的な文様や、建築。その静なる美に、伝統色の漆が控えめな色気を薫らせます。銀細工・漆塗装とも熟練の職人による、全工程ハンドメイドだからこそ生まれる、豊かな存在感をお楽しみください。

» Guide 特長とお取扱に関するご注意

佐藤 貴彦/Japan(漆)
漆精製販売業・株式会社佐藤喜代松商店(1921年創業)の4代目。漆を住宅建材やインテリアにも応用するなど、類いまれな好奇心と柔軟さで果敢なチャレンジを行っている。

高須 学/Jewelry Design(ジュエリーデザイン)
全国に活動の場を広げる気鋭のデザイナー。店鋪・オフィス・住宅・クリニックなどのインテリアデザインから、企業と組んだプロダクトデザイン・商品開発まで幅広く手掛ける。

千々岩 修二/Jewelry Design(ジュエリーデザイン)
大胆さと繊細さが同居する独創性の高いアクセサリーで注目を浴びる。シルバーをメインに金、プラチナ、真鍮などの素材を得意とし、原型製作から、ゴム型、鋳造の量産工程まで完全自社生産で行う。

Guide 特長とお取扱に関するご注

Guide 特長とお取扱に関するご注意

1.漆塗りガラス食器の洗浄におけるご注意

漆塗りガラス食器の洗浄には中性洗剤をご使用ください。研磨剤入りのスポンジや金属たわし、クレンザーなどを使用するとキズや破損の原因になります。内面から力を入れてひねり洗いをすると破損することがあります。 

2.手洗いと手拭きのすすめ

食器洗浄機は漆塗りガラス食器のお手入れには不向きです。手洗い、手拭きをおすすめします。 

3.電子レンジの使用禁止

電子レンジで使用しないでください。 

4.急激な温度変化によるご注意

ガラスは急激な温度変化(特に急冷)で割れることがあります。熱い物を入れて急冷することは控えてください。 

5.ガラスのキズの注意

キズがつくと破損しやすい性質があります。重ねたり、グラス同士など硬いものにぶつけたりしないように扱ってください。 

6.ナイフ、フォーク、スプーンなどの投入、保管禁止

ナイフ、フォーク、スプーンなどをグラスの中に入れたり、保管したりしないでください。 

7.定期的な洗浄

ガラス製品は長時間洗わないと汚れが落ちにくくなりますので適宜洗うようにしてください。 

8.漆の匂いについて

使い始めに漆特有の匂いがする場合がありますが、使用と共に自然と消えます。気になる場合は、お米のとぎ汁で洗い、その後ぬるま湯ですすいでください。 

9.漆かぶれの注意

体質により、ごくまれにかぶれる場合があります。その場合はすみやかに使用を中止し、皮膚科の医師に相談してください。 

10.漆塗装面について

漆塗装表面は、手塗りのため細かな凹凸や色ムラができる場合があります。また同じ色の製品でも色味や艶が若干異なる場合があります。 

お問い合わせ電話番号 045-914-5950

Message 佐藤 丙午 メッセージとプロフィール

GOOD LIFE GOOD ART

一生の価値、一瞬の輝き。つくり手は、技を磨き、心を磨く。一生使ってもらえる価値のあるものをと、ただひたすらに。使い手は、丁寧につくられたものを愛する心を伝えていく。親から子へ、そのまた子へと。「きれいだね」「気持ちがいいね」「かっこいい」、使い手は一瞬のインスピレーションで選びとる。一生付き合いたいと思えるものとの出合い。軽やかに鮮やかに自分にジャストフィットする瞬間。それが“GOOD LIFE GOOD ART”だ。長い伝統の上に培われたものづくりに敬意を払いつつ、これまでの枠を超えた自由な発想で新しい価値を作りたい。「HEIGO」は、漆(うるし)という素材で、過去から未来へ、日本から世界へ、色とりどりの麗しい虹を架けたいと願う。

【プロフィール】

好奇心が強く、人と接することが大好きだった。食器や衣服など、質が良く、永く愛用できるものに触れながら育った。そんな幼少期が「もの・デザイン」そして「人」に対する関心をかきたてた。日本大学在学中、米国に留学。折しも、昭和から平成へと移りゆく時期。劇的に変化していく日本を外から見つめ得たことが、日本人としてのアイデンティティを再認識させた。

留学中ふと目にした「Mazda MX-5 Miata」は衝撃的だった。「これからは快適性重視。ライトウェイトスポーツカーはもう売れない」。業界の冷ややかな予測を、日本のメーカーが覆した。続いて、欧州の主要メーカーが同様のロードスターを次々にリリースした。

それまで技術一本やりのイメージだった日本車だが、技術を超えた思想で世界に感動を与えることができる─プロダクトデザインの大いなる可能性を実感したできごとだった。これが契機となり、卒業後マツダ株式会社に入社(1990年)。

セールス、人材育成、販売促進などの職務を経験した後、有限会社ライフ・アートに入社(1993年)。日本の伝統を創り継ぐプロフェッショナルな職人たちと製品に出会う。つくり手と使い手のかけはしとなる仕事に関わりながら、いつしか自分が本当に良いと思える「日本発」を生み出したいと願うようになる。

そこには、学生時代から数度旅したヨーロッパでの体験が色濃く反映していた。永い歴史と伝統。芸術の国々がつくり出す上質な空気。温かな人々やものとの出会い。なかでもフィレンツェにある小さな靴職人の店には、訪欧の際必ず足を運ぶ。

足の形や甲の高さ、サイズを細かくチェックしてもらい、最後にデザインと革を選ぶ。親方の笑顔は、いつもと変わらず優しく、まるで故郷へ帰った時のような懐かしさを覚える。物語を秘めた一足一足が、お客様へ届けられるのを心待ちにしているようにみえる。

そうした得難い体験を通じ、自分が本当に届けたいのは単なる「もの」ではなく、満足していただける「価値」なのだと考えるようになる。「日本でもプロのクリエイターとの出会い、素晴らしい素材との出会いに恵まれてきた。これまで得たことを生かし、弊社ならではの新しい価値観を創っていきたい」。強い使命感を感じ、新ブランドの立ち上げを決意したのは、2006年11月、同社代表取締役に就任した頃だった。

自らの名前を冠したHEIGOは、5つのキーワードとともに「HIGH&GO」(高みを目指し、前へ)の意味も持つ。そしてやはり、他の誰にも生み出せないブランドに育てていくという確固たる信念が秘められている。「お客様に満足していただける価値。その感動をまた、つくり手へ伝えてさらに良いものをつくる。ものと人を通じ、喜びが巡りめぐる。幸福の雪だるまを無限に大きくしていきたい」と語る。東京生まれ(1966年)。

Elements HEIGOの色・かたち・素材

Message:佐藤 丙午 メッセージとプロフィール

JAPANAILの楽しみ方

1

石鹸などで手をよく洗い、爪表面の汚れや油分を落としてください。ハンドクリームなど爪に油分が付いているとネイルテープが付きませんのでご注意ください。また、爪の表面が波打っているとチップが剥がれやすくなりますので、事前に表面を磨くなど爪のお手入れをおすすめします。さらにトップコートを塗るとテープの付きがよくなります。時間のあるときは手をぬるま湯にしばらく漬けた後、市販品のウッドスティックで甘皮を押し上げておくと、爪との段差が無く綺麗に貼れて密着が良くなり取れにくくなります。

2

よく切れるハサミを用意し、ケースからチップとネイルテープを取り出します。

3

左右の手のそれぞれの指にチップを当てて、爪の大きさに合うサイズを確認します。上からのせただけでなく、軽く爪に押し当ててサイドの隠れ具合を確認すると、しっかりと爪に合ったサイズが選べます。サイズを確認したら、ライナー中央にふられている番号をメモしておくと、後で手間取らず付けることができます。アートチップは既にライナーから切り離されていますので、各指に適当な大きさを選びサイズを確認してください。

4

それぞれの爪に合うサイズを確認したら、ハサミでライナーから切り離します。

5

付属品シート状のネイルテープを爪の大きさに合わせてハサミで切ります。10本それぞれの見本の大きさをきった後は、同じ大きさのテープを切り溜めて小型のピルケースなどに収納しておくと、次回装着の際に時間がかからず大変便利です

6

爪、もしくはチップにカットされたネイルテープを張ります。この時、テープをすべての指に貼ってからチップを付けると便利です。

7

カットされたチップを1本ずつ爪に貼り付けます。この時、爪の根元の際にチップを少し押し当てながら付けると、段差が無く綺麗に見えます。

8

すべての爪に付け終わったら、チップが浮かないようにもう一度しっかり押し付けてください。チップは爪よりも柔らかいためカーブに沿いますが、利き手の人差し指やよく使う指は力が入ることが多いので特にしっかり付けてください。取れ易い場合はテープを二重に張るとより効果的です

9

チップを外すときは、爪からそのまま剥がさずに、必ずウッドスティックを使いゆっくり剥がしてください。指やチップを傷つけないようにゆっくりとすき間を作りながらはずしてください。アートチップは特にチップに負荷をかけないようにゆっくりと徐々に外してください。

10

外したチップや指に残ったテープは優しく剥がしてください。
チップに残ったままにしておくとベタ付いて剥がれにくくなりますのでご注意ください。

11

チップのご使用は爪への負担がかかるため12時間以内をおすすめします。使用後は、キューティクルオイルなどで爪や甘皮のお手入れをおすすめします。

  • ご使用前にパッケージやしおりに記載されている注意事項を必ずお読みください。
  • チップを強く折り曲げると漆の塗装にひびが入りますのでご注意ください。
  • JAPANAILは、ソフトタイプのチップをベースに使用しているため、長さやデザインが気になる場合はカットすることが出来ます。その際は、よく切れる眉ばさみや爪切りなどを使うと便利です(アートチップはデザインが壊れるためカットは避けてください)。
  • 切り口に角が気になる場合は、目の細かなファイルで磨いてください。その際は、漆の塗装面を傷つけないよう十分にご注意ください。 

» JAPANAILのページへ
» Guide ARTTIPSの特長とお取扱に関するご注意


Guide 特長とお取扱に関するご注意

Guide セレクトカラーの特長とお取扱に関するご注意

【特徴】

  1. 日本の美意識を感じるトラディショナルカラー
  2. 漆ならではの量感と艶めきが、グラマラスな趣
  3. きれいに塗られた透けないチップは美しい印象

【使用方法】

  1. ネイルグルーを使用されると、チップの塗装面に化学変化を起こすことがあります。ネイルテープでのみご利用ください。
  2. 自爪の表面の汚れを取り除きます。自爪に合うチップのサイズを選びます。
  3. チップを1枚ずつに切りはなします。ランナーにつながっている(厚みがある)ほうが、先 (爪の先端)です。ハサミの下刃をチップの先端ラインに合わせて、チップ側に傾けて切るときれいに切ることができます。チップは柔らかい素材で出来ているため、長さや爪先のカットが可能です。お好みのデザインでお楽しみください。
  4. ネイルテープ(別途)を自爪またはチップに貼り付けます。
  5. 上紙をはがし、チップと自爪をしっかり接着します。
  6. 取り外す時は、無理せずゆっくりはがしてください。ウッドスティックなどで甘皮のほうからチップをそっと持ち上げるようにするとうまくいきます。残ったテープはそっと取り除いてください。
  7. 使用後はキューティクルオイルなどで爪や甘皮のまわりをお手入れしてください。

【ご注意】

  • チップは手塗りのため、表面の塗装は細かな凹凸ができることがあります。また同じ色でも色と艶は若干異なる場合があります。
  • チップをカットする際は、よく切れるまゆバサミや爪切りなどでゆっくり行ってください。また市販のネイルチップカッターは上手くカットできないためご注意ください。
  • ネイルグルーの使用は避けてください。
  • 自爪に沿うようソフトタイプのネイルチップがベースになっていますが、強く折り曲げると塗装にひびが入りはがれることがあるため避けてください。
  • コート剤と漆が化学変化を起こし、変質することがありますので、表面にアートやトップコートなどの加工を施すことは一切おやめください。
  • 使用中もしくは使用後に肌に異常を感じた場合は、直ちに使用を中止してください。
  • 爪に異常がある場合は、ご使用を控えてください。
  • 火気にご注意ください。
  • 使用中は爪に負担がかからないようご注意ください。
  • 高温、低温、直射日光での保存は避けてください。
  • お子様やペットなどの届かない場所に保管してください。
  • 連続日数の装着は爪に負担がかかるため避けてください。

» JAPANAILのページへ

お問い合わせ電話番号 045-914-5950

お問い合わせ

Guide ARTTIPSの特長とお取扱に関するご注意

【ご注意】

  1. チップは手塗りのため、表面の塗装は細かな凹凸ができることがあります。また同じ色でも色と艶は若干異なる場合があります。
  2. アートを施したチップの個数はモデルにより異なります。
  3. アート部分を含む塗装面が変質しますので、ネイルグルーの使用は避けてください。
  4. 自爪に沿うようソフトタイプのネイルチップがベースになっていますが、強く折り曲げると塗装にひびが入り剥がれることがあるため避けてください。
  5. アートされたチップはカットすると壊れるため、そのままの状態でお楽しみください。
  6. 使用中もしくは使用後に肌に異常を感じた場合は、直ちに使用を中止してください。
  7. 爪に異常がある場合は、ご使用を控えてください。
  8. 火気にご注意ください。
  9. 使用中は爪に負担がかからないようご注意ください。
  10. 高温、低温、直射日光での保存は避けてください。
  11. お子様やペットなどの届かない場所に保管してください。
  12. 連続日数の装着は爪に負担がかかるため避けてください。

» JAPANAILのページへ

お問い合わせ電話番号 045-914-5950

お問い合わせ

HEIGOの製品・サービスなどについて、ご不明の点はどのようなことでもお気軽にお問い合わせください。
※フォームの入力欄はすべてご記入をお願いいたします。

▼お問い合わせ内容

▼御社名

▼御氏名

▼メールアドレス

▼電話番号
※通常はメールでお返事さしあげます。メールがエラーになる場合があり、念のためお尋ねいたします。
[mwform_tel name="電話"]

*ご記入いただいた個人情報は、有限会社ライフ・アートにて大切にお預かりいたします。展示会や新製品について最新情報をお送り申し上げることがございます。弊社以外の第三者に開示することは一切ございません。

JAPANAIL

24色の日本の色と漆が凛とした美しさを演出

ハイゴの100色からセレクトした24色の日本の伝統色は、千年を超える時に磨かれた日本の美意識を感じさせます。それぞれの色には、生まれた時代や日本の四季(季節)、生活文化、草花など由来となる物語があります。太古の昔から日本の文化として伝えられてきた漆は、何よりもその美しい塗り肌でいつの時代も人々を魅了していました。漆のしっとりとした優しい艶と美しい日本の色を纏ったネイルチップを、季節やシーン、あるいは好みのメイク、ファッション、アクセサリーとのコーディネート、複数色を同時に使って色の重ねやアートをアクセントにするなど、楽しみ方は無限大です。日本の色と漆による艶めきがグラマラスな趣を演出し、シーンごとに楽しめる大人のための美しい付け爪、それがジャパネイルです。

また着けたくなる驚きの心地の良さと爪に優しいソフトチップ

ジャパネイルは、開発に4年をかけたこだわりの日本製ソフトタイプのチップを使用し、1000年以上にわたり磨かれてきた日本の伝統色を、漆による手塗りで表現しました。さらに根元と爪先で硬さを変える機能性を兼ね備え、見た目の美しさと自爪に近い自然で心地よい使用感を実現しました。柔らかいチップが爪のカーブに添うので、装着もネイルグルーを使わずネイルテープを使用します。そのため、爪への負担も少なく繰り返しお使いいただけます(使用可能な回数はお客様の使用状況により異なります)。また、お好みでチップを好きな長さやデザインにカットして使うことも出来ますので、カジュアルからドレスや着物に、また日常からお出かけのオシャレまで幅広いシーンでお使いいただけます。そして、着けたいときにさっと着けて、外したいときにさっと外せる手軽さは、これまでのネイルアートにはなかったジャパネイルの大きな特徴です。

唯一無二の美しさを指先にまとう

ジャパネイル アートチップシリーズは、漆塗りの極小のスペースにさらなる手仕事を施しました。千年の美と匠の技を凝縮したかのような蒔絵アートシリーズは、その佇まいから普遍の美しさをイメージさせてくれます。ネイリストアートシリーズは、可憐さと上品さあわせ持った優しさを表現しています。24色の美しい漆のキャンバスに女性によって手作業で書きあげられたチップは、繊細さの中にもほのかに色香を薫らせます。伝統とアート、そしてファッションが融合した、まさに新しい美の世界が誕生しました。

ハイゴは世界で初めて日本の伝統色100色の漆を開発しました。その中からプロダクト用に24色をセレクト。朱(赤)と黒という色漆のイメージを一新する多彩なカラーバリエーションは、漆の持つしっとりと優しい艶や色の深さなどの魅力を、生活の様々なシーンで楽しむことが出来ます。そして、「24の日本の色、そして漆を指先にまとう」というコンセプトで生まれたネイルチップがジャパネイルです。臙脂色(えんじいろ)、緋色(ひいろ)、若竹色(わかたけいろ)、紺碧(こんぺき)、杜若色(かきつばたいろ)、漆黒(しっこく)など、色それぞれに生まれ持つストーリーを楽しみながら、時には2色を楽しんだりと、自分だけの新しい美の表現スタイルを見つけてください。

*JAPANAILは、日本発・漆を使ったソフトタイプのネイルチップです。
 各色12ピース(6サイズ×2枚) ネイルテープ サイズ:M/L
 24色 各4,860円(税込)
 MADE IN JAPAN

【 夢一夜 】

蒔絵の技法をふんだんに使ったJAPANAIL最高級モデル。
 左:漆黒色/右:臙脂色 24ピース(12サイズ×2枚)
 各129,600円(税込)

【 光-hikaru 】

主人公を取り巻く女性たちを光り輝く星(螺鈿)でイメージしました。
 桑の実色 19,980円(税込)

【 薫-kaoru 】

 鮮やかな緑に美しい色の重ねを源氏香で遊びました。
 千歳緑 15,660円(税込)

華やかで可愛いネイリストアートシリーズ

【 フレンチフラワー 】

 ラメフレンチに小花をあしらったエレガントなタイプ。
 カジュアルからパーティーに活躍しそう。
 左:一斤染め/右:紅色 各10,800円(税込)

【 スターフラワー 】

 オーストラリアの花にスワロフストーンがアクセントです。
 左:白緑/右:牡丹色 各12,960円(税込)

» Guide ARTTIPSの特長とお取扱に関するご注意
» JAPANAILの楽しみ方

【ご紹介いただいたメディア】

  • 朝日新聞出版 山口智子著「掛けたくなる軸」
  • 雑誌「和楽」2011年5月号
  • FM NACK5 NACK ON TOWN(2011.01.18)
  • J-WAVE ASIENCE SPIRIT OF ASIA(2010.04.04)
  • J-WAVE TOKYO MORNING RADIO「MONO LOG」(2010.01.28)
  • NHKニュース おはよう日本 「まちかど情報室」(2010.01.08)
  • 雑誌「AERA」2009年7月27日発売号 山口智子「掛けたくなる軸」
  • 世界文化社「きものサロン」2009年08-09冬号
  • 幻冬社「GOETHE(ゲーテ)」2009年2月号
  • TBCラジオ「YAGIYAMA発 ラジオな気分」(2008.02.25)
  • ABCテレビ「おはようコールABC」(2008.02.22)
  • KBS京都ラジオ「われら夢の途中」(2008.02.17)
  • 読売新聞朝刊「くらし・家庭欄」(2008.01.25)
  • 週間デパートニューズ「雑貨コーナー」(2007.11.28)

TELEGRAM WINE GLASS

人を主役にする、ワイングラス。

深い色と麗しい艶で私たちを魅了し続けてきた漆。それはベースとなる素材にまとわれて、はじめて美しさを発揮します。そして、味・香り・色、ワインの持つ魅力の全てが、最大限に引き立つようにとデザインされてきたリーデル。そこに色をかけると、世界中のワイン愛好家に認められた機能美が鮮明に浮かび上がります。透明なガラスの外側を漆で塗り上げる。新しい発想で新しい価値を、ハイゴが提案します。ガラスなのに、温かい。使う人を主役にする温もりのワイングラスです。

確かな機能と美しいデザイン。

テレグラムワイングラスが使用するのは、オーストリア・リーデル社の正規輸入クリスタルグラス。その証として、台裏面に金蒔絵で専用のロゴを付けています。同社のグラスは3世紀にわたり、創り手の深い愛情で満たされてきました。第9代目当主クラウス・リーデル氏が提案した「機能的なワイングラス」。そのコンセプトは「飲み物の個性がグラス形状を決定する」という同社の基本理念となりました。全てはワインのために──多くの愛好家からの賞賛を集め続けてきた妥協のない機能美を、ハイゴは漆という和の伝統で塗り上げました。

五感で、楽しむハイゴの世界。

見えないからこそ、想像力が刺激される──ハイゴはそう考えました。グラスを手にすると艶めきの衣装から立ちのぼる香気が、これから始まる楽しい時間を予感させるでしょう。グラスに注がれたワインをゆっくりと回すと、内なる純白の肌を、ワインの涙が美しく伝うでしょう。そっと唇を寄せるとふくよかな感触が、ワインの味わいをより深く、豊かに際立たせるでしょう。目を閉じて、指先で、唇で…遥かな時から未来へつながる本物。五感で感じるハイゴの世界へ、ようこそ。

Guide 特長とお取扱に関するご注意

ブルゴーニュ×臙脂色
36,000円(税込)
高さ:210mm
容量:700cc
ボルドー×漆黒
35,000円(税込)
高さ:225mm
容量:610cc

ボルドーはタキシードを着たクールな紳士、ブルゴーニュはエレガントな深紅のドレスを纏った淑女をイメージ。ワインに合わせたリーデルのグラスにHEIGOが提案する「漆による24の伝統色」をコーディネート。 日本の四季から取り出した色と漆の美しい艶が、ゆっくりと楽しむ大人の時間を演出します。

ご紹介いただいたメディア

  • 朝日新聞出版 山口智子著「掛けたくなる軸」
  • 雑誌「和楽」2011年5月号
  • FM NACK5 NACK ON TOWN(2011.01.18)
  • J-WAVE TOKYO MORNING RADIO「MONO LOG」(2010.01.28)
  • 雑誌「AERA」2009年12月14日発売号 山口智子「掛けたくなる軸」

Catalog 製品ラインナップ

Privacy Policy

Who we are

Our website address is: https://heigo.jp.

What personal data we collect and why we collect it

Comments

When visitors leave comments on the site we collect the data shown in the comments form, and also the visitor’s IP address and browser user agent string to help spam detection.

An anonymized string created from your email address (also called a hash) may be provided to the Gravatar service to see if you are using it. The Gravatar service privacy policy is available here: https://automattic.com/privacy/. After approval of your comment, your profile picture is visible to the public in the context of your comment.

Media

If you upload images to the website, you should avoid uploading images with embedded location data (EXIF GPS) included. Visitors to the website can download and extract any location data from images on the website.

Contact forms

Cookies

If you leave a comment on our site you may opt-in to saving your name, email address and website in cookies. These are for your convenience so that you do not have to fill in your details again when you leave another comment. These cookies will last for one year.

If you have an account and you log in to this site, we will set a temporary cookie to determine if your browser accepts cookies. This cookie contains no personal data and is discarded when you close your browser.

When you log in, we will also set up several cookies to save your login information and your screen display choices. Login cookies last for two days, and screen options cookies last for a year. If you select "Remember Me", your login will persist for two weeks. If you log out of your account, the login cookies will be removed.

If you edit or publish an article, an additional cookie will be saved in your browser. This cookie includes no personal data and simply indicates the post ID of the article you just edited. It expires after 1 day.

Embedded content from other websites

Articles on this site may include embedded content (e.g. videos, images, articles, etc.). Embedded content from other websites behaves in the exact same way as if the visitor has visited the other website.

These websites may collect data about you, use cookies, embed additional third-party tracking, and monitor your interaction with that embedded content, including tracking your interaction with the embedded content if you have an account and are logged in to that website.

Analytics

Who we share your data with

How long we retain your data

If you leave a comment, the comment and its metadata are retained indefinitely. This is so we can recognize and approve any follow-up comments automatically instead of holding them in a moderation queue.

For users that register on our website (if any), we also store the personal information they provide in their user profile. All users can see, edit, or delete their personal information at any time (except they cannot change their username). Website administrators can also see and edit that information.

What rights you have over your data

If you have an account on this site, or have left comments, you can request to receive an exported file of the personal data we hold about you, including any data you have provided to us. You can also request that we erase any personal data we hold about you. This does not include any data we are obliged to keep for administrative, legal, or security purposes.

Where we send your data

Visitor comments may be checked through an automated spam detection service.

Your contact information

Additional information

How we protect your data

What data breach procedures we have in place

What third parties we receive data from

What automated decision making and/or profiling we do with user data

Industry regulatory disclosure requirements